「植物図鑑」



有川浩先生の「植物図鑑」。


なんか今日は小説の気分だったので。
ということで、以下、簡単なあらすじと私的おすすめポイント。予想しうる範囲のネタバレはあり、注意。



○簡単なあらすじ○
ある夜、OLの河野さやかは会社帰りに自宅マンション前で一人の男の人が行き倒れているのを発見する。一文無しで空腹のその男に「お嬢さん、よかったら俺を拾ってくれませんか」と言われ、さやかは部屋にあげてしまう。

翌朝さやかが目覚めると、その男(イツキ)は朝食を作ってくれていた。久しぶりに誰かの手間のかかったご飯に感動したさやかは、今後行くあてもないイツキにこのまましばらく一緒に住むことを提案。「イツキ」という名前しか知らないような男との同居生活が始まる。


○草食とみせかけて○
イツキという男、植物に詳しいらしい。植物の名前はもちろんだが、おいしい食べ方も心得ており、さやかが休みの日には一緒にフキやツクシを摘みに行き、さやかのために美味しいご飯を作ってくれる。文字通り草食。

加えて普段は深夜コンビニバイトのイツキだが、会社から疲れて帰ってくるさやかのために家事をこなし、さやかには一切手を出さず誠実に紳士に同居生活を送る。草食!


・・・と思いきやそんなに草食ではない。いや、誠実で紳士であることは変わらないのだが、さやかに危ないことはさせないし、“化粧してないほうが好き”とかさらりと言っちゃうし。男くささを見せないのにも関わらず、ところどころ男を出してくるとか本当にありがとうございます、ドキドキするぜ!

ピークは二人がくっつく時。お互いにちょっと意識するも、なかなかくっつかない二人。あくまでも同居人として清い関係を貫いてたんだけど、ついにイツキの男が爆発する。ちょっと言い過ぎた、しかし男らしいイツキを拝める。

もうそっから甘い。男らしさと甘さがましまし。たまらない。さやか羨ましい。ちょっと中性っぽい人の男らしい部分て本当良い、よすぎる。

○コミカライズ○
試し読みくらいしかまだ読めてないんだけど、花とゆめ文系少女でコミカライズされてる。ちょっとイツキがイケメンすぎるのが気になる。私はもっと中性的な感じでイメージしてたのだが・・・さやかはイメージ通りかも、可愛い。7月にコミックスでるようなので買おうかな。

*******
有川先生の小説って、なんか俗っぽすぎないけど丁寧すぎでもない言葉づかいをするところが好き。





スポンサーサイト
小説 | 【2014-06-09(Mon) 16:01:08】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*