「87CLOCKERS」既刊5巻


ジャンプ改掲載、二ノ宮知子先生の「87CLOCKERS」。


「のだめ」とか「GREEN」が好きだったのできっとこれも面白いだろうと買った漫画。新刊5巻の表紙爽やかで詐欺すぎる笑
ということで、以下、簡単なあらすじと私的おすすめポイントと新刊感想。ネタバレは最小限で抑えるけど一応注意。



○簡単なあらすじ○
音大でバイオリン専攻の一之瀬奏(かなで)は、闘争心だとか競争心がない男。コンクールに出るのでもなく、就活をするのでもなく過ごしていた。
そんな中ある日雪の降る寒空の下で裸足の美女に一目惚れ(?)。後日またその美女に出会うも、どうやらその美女は謎の男にこき使われている様子。彼女を救いたいと思った奏は再び彼女と男を訪ねるが、そこで“オーバークロック”という世界に足を踏み入れることになる。


○ものすごい何やってるか分からないのになんか面白い○
この漫画、本当何やってるか分からない。
246
・・・とハナちゃんが言っておりますが全然分からない。なんかとりあえずパソコンをより速く動かすためにパソコンをいじいじしたり、液体窒素やらなんやらで冷却したりするらしい。そしてどれだけ速く動かせるか勝負したり、速く動かせるようになったパソコンでゲームして競ったりするらしい。


とにかくそんな世界初めて知った。まあ漫画の題材て本当いろいろだし、よくあるスポーツ漫画とかも全然分からないで読んでるんだけど、こんな謎で何言ってるか分からないのは初めてだ。でも面白い。別にやってみたいとか思わないけど面白い。こういう、興味ない人から見れば何が面白いのか分からないことに全力注いでいる人の話って面白い。


○全力で変人○
全力なのだ。二ノ宮先生の描くキャラは本当勢いがあって好きだ。パソコンのために全力でアルバイトして、全力でデータとって、全力で冷却して、全力でゲームする。全力すぎて変人である。“なんでこんなに夢中に・・・”と思うようなことに全力すぎて面白い。
そんなオーバークロックに全力な変人どもと出会い、草食すぎる奏くんも全力少年になっていく。しょぼしょぼだった奏くんが少しずつかっこいい変人になっていく。それが見どころ。


○新刊感想ひとりごと○
5巻はまず、メガネなし奏くんからスタートでありがとう。別にメガネあってもいいんだけどないのも良い。二ノ宮先生の描く男、好きだ、見た目が。
そして5巻はちょっとラブ要素多かった気がする。ハナちゃんがヤキモチ妬いてきゃわええところとか、意外に男に厳しいところとかが見れてハアハア。可愛い。
しかしオーバークロックのことも恋愛のことも、最終的にどうなっていくのか予想つかない。つかなくて面白い。

*********
世の中にはやらなくてもいいことが溢れている。オーバークロックも漫画読むのもアニメ見るのもなんでもかんでも。そういうどうでもいいことにすごい必死な人間好き。






スポンサーサイト
ジャンプ | 【2014-06-13(Fri) 19:58:55】 | Trackback:(0) | Comments:(2) | [編集]
コメント
全く同感です 笑
何やってるか全くわからないよね、1巻の時から??だったんだけど、同じく
二ノ宮先生の画力とセンスでとっても楽しく読めてるよ〜
これ、作者違うなら全然好きじゃないかも
何が凄いのか、何の役に立つのかさっぱり


今回はハナの婚約者?もよかった笑
2014-06-14 土  20:45:15 |  URL | なな #- [編集]
ななさん
ですよね笑 本当二ノ宮先生すごい。こんな意味不明な題材なのに下手なスポーツ漫画より面白い。
ハナの婚約者?はいつか痩せてかっこよくなるに一票入れたいです笑
2014-06-15 日  10:13:57 |  URL | naicosun #- [編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*