「ハヤテのごとく!」既刊41巻


週刊少年サンデー掲載、畑健二郎先生の「ハヤテのごとく!」。


ああ、もう41巻なのか。なんか見るたび表紙がここ最近全巻水着のような気がしてたけど気のせいだったわ。でも41巻はヒナの水着。だって夏ですし。
ということで、以下簡単なあらすじと私的おすすめポイントと新刊感想。軽くネタバレあるかもしれん。



○簡単なあらすじ○
16歳高校一年生の綾崎ハヤテは、ある日親が1億5680万4000円の借金を残して逃亡したため一人ぼっちに。ヤケになってある金持ちそうなお嬢様を誘拐しようとしたところ、誤解が重なって愛の告白と勘違いされる。なんだかんだお嬢様に気に入られたハヤテはお嬢様(三千院ナギ)に借金の肩代わりをしてもらうことになり、代わりにナギの執事として働くことになる。

○ハーレムラブコメのこち亀的な○
ちょっと何言ってるか分からないけど、とりあえず41巻まできて「どうしてこうなった」というのが率直の感想。いや、いい意味で。
確か最初は金持ちの執事になる→お嬢様と同じ学校に通う→金持ち学校の女の子にも好かれるようになる・・・的な学園ハーレムラブコメだった気がするのだが、いつのまにかちょっとシリアス展開はさみ、金持ちじゃなくなったり、コミケに命をかけたり、なんかもうなんでもやる。個人的にノリと勢いがこち亀っぽいと勝手に思っているのだが、なんだかんだでストーリーも進んでいくという謎の漫画である。いや、いい意味で。

○ナギとハヤテ○
ハーレム漫画なのだがヒロインが13歳。それにしてもナギは可愛い。やっぱりなんだかんだで金髪ツインテロリは可愛いし、喋り方が可愛い。「~だぞ」とか可愛い。武士可愛い。

なんといってもナギはお子ちゃまなので、ヒロインといってもハヤテ×ナギはまるで兄妹。ナギがハヤテのことを好きでもフラグは立たない、良い。でもハヤテは愛情をもってナギのために働く、良い。ナギとハヤテの絆、良い。

○モテるハヤテ○
まあ私もハヤテ好きだ。
可愛い顔でひたすら優しくて悪気のないタラシ、でもことごとく不憫。なかなか母性本能をくすぐってくれやがるキャラである。でも男にはそれなりに厳しいところが可愛い。可愛い。
女の子キャラはまあほぼハヤテのことが好きになるのだが、ツンキャラが多いのでハーレムハーレムしすぎてないのが結構好き。ハヤテのいないところで恋してるとこが可愛い。で、ハヤテが鈍感でみんなに優しいのでヤキモキしてるのが可愛い。

○新刊感想○
ハヤテのお兄ちゃんがでてきた。なんだったけ、お兄ちゃん。お兄ちゃんなんで探してたんだっけ。なんかもうシリアスな展開なのかただのコメディなのか分からないけどまあいい。
ハヤテが虎鉄くんをいじめてるの見るの萌える。

******
ハヤテのごとくの表紙って薄いところが地味に好き。



スポンサーサイト
サンデー | 【2014-06-30(Mon) 11:53:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*