「晴明さんはがんばらない」新刊2巻



「晴明さんはがんばらない 既刊1巻」過去記事はこちら

この漫画読んでると、私も平安時代くらいにタイムスリップしたほうがそれなりに人の役に立てるのではないかと思ったりする。あ、でもやっぱいいや。
ということで、以下新刊感想ひとりごと。ネタバレは最小限に抑えるけど一応注意。





○相変わらずだらけきった晴明○
共感しまくりで怖い。
自分の好物を食べるためだけだとか、だらけきった生活を守るためだけだとか、晴明さんはそういう時だけ頭を使う。腐った根性ですね、共感します。

○萌える感じの清少納言○
なんかきゃわええ女の子が登場してきた。清少納言らしい。良い。
何かにつけて「いとをかし」だとか「あはれ」とか言いまくるところが女子感がでてて好きだな。

○どうせ恋させる気ないのでしょうに○
なんかたまに晴明に恋愛フラグをチラ見せさせる場面があるのだが、ことごとく中途半端なところが好き。
ドキドキの心情描写をすごい中途半端にぶった切って描かれているので、余計に晴明の無気力さとかクズさが際立つ気がする。あれ、この漫画いつかラブコメに発展するのかしら。個人的には晴明にはずっとこのまま中途半端な感じでいてほしいかな。


*******
帯に「死んだ魚の目は天下一品。」て書いてあるんだけどシュールだわ。





スポンサーサイト
Web漫画 | 【2014-09-18(Thu) 21:50:14】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*