「ココロ君色サクラ色」新刊3巻



「ココロ君色サクラ色 既刊2巻」過去記事はこちら

最終巻だー。可愛かった。話は予測しやすい感じのもんではあるけど、誰も傷つかないほのぼのほんわかラブコメはやっぱ良い。幸せになるなあ。
ということで、以下新刊感想ひとりごと。ネタバレは最小限に抑えるけど一応注意。



〇小春と葉介はすれ違い〇
すれ違いとまではいかないが。小春大好き言いまくってた葉介も、中学卒業が近づくにつれてなんだか遠い存在になってしまう。いやん寂しい。小春寂しいねえ。
しかし寂しい気持ちから恋の自覚するのだ!小春のもどかしそうな表情可愛いよう。
葉介は一人で大人っぽくなっちゃって。でもそれはそれでかっこよい。

〇実がイケメンすぎる○
小学校に入学した実と桃ちゃん。
小学生になったことで、桃ちゃんは男の子からの意地悪を体験。気になる子はいじめちゃう的なあれですね。そんな中で変わらず桃ちゃんをお姫様のように扱う実。イケメンすぎる。イタリアすぎる。すげえ強い。良い。

〇いろんな話が〇
メインは小春と葉介なのだが、1,2巻に引き続き兄弟達や親達の話も詰め合わせ。過去の話も詰め合わせ。みんな可愛くて良い良い。

中でも葉介パパママの話良かったなあ。いや、話ていうよりパパが好きだったわ。堅そうに見えて可愛いところ最高。

そしてやはり最終回良い。いきなり数年後に飛ぶので、成長したみんなが見れる。成長萌え。ありがとう。
話の展開は珍しいものではないが、ほわほわきゅんとできる良いラストだった!

*******
絵が可愛すぎる。成長葉介かわかっこよすぎる。

スポンサーサイト
まんが○○○ | 【2014-10-12(Sun) 09:31:55】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*