「ブルーハイジ」新刊1巻



月刊モーニングtwo掲載、ヤマダ先生の「ブルーハイジ」。


長崎が舞台だし普通に売ってるだろうと思ったら近所のTSU○AYAになかったあああ、油断した。そんなこんなでやっとゲット。やはり欲しいものは通販で予約しとくに限るね、学んだわ。
ということで、以下簡単なあらすじと私的おすすめポイント。ネタバレは最小限に抑えるが一応注意。



○簡単なあらすじ○
東京から長崎の片田舎に転校してきた千賀相地(あいじ)。祖父がオーナーで、兄が働いている旅館に住むことになった。
東京の高校はなにやら理由があって辞めてきた相地。ほとんど何もない新しい土地で、新しい高校に行き、吹奏楽部に入部することを決める。


○どうなっていくのかな○
全然あらすじうまく紹介できなかったわ。だってどんな話かまだ分からないから。
1巻読んでみて、いろいろヒントというか面白そうな欠片的なものは見つかったんだけど、これから先どうなっていくのかハッキリ予測できなくてすごい楽しみ。

ベタで展開が読めまくる漫画も大好きなのだが、この漫画みたいに簡単に先が読めないのも良いな!
相地の性別の謎とか、何に悩んで高校を辞めてきたのかとか、理一郎とはどうなっていくのかとか、吹奏楽部でどんな存在になっていくのかとか。久しぶりにストーリーでワクワクしたので、あえて先を考えずに全力で享受したいぜ!


○中性的○
表紙の相地とかもう良すぎるね。首触りたい。ひんやりしてそうな感じが良い、良いよ。
あとヤマダ先生の作品て三白眼パラダイスですごい良い。鋭いのにやる気がない目とか大好きですありがとう。そして三白眼がいるからこそ、真ん丸おめめキャラの可愛さが引き立ちまくる。とりあえず竜少年と千晴たんはこれからも要チェックだね。

中性的な話からそれた。
とりあえずこの漫画は相地の性自認が一つの謎だな。自分のことを「俺」と呼ぶし、振る舞いも男っぽい。でも高校には前の高校の可愛い制服を着ていく。普段の見た目は中性的だが中身はどうなの?まだまだハッキリしないところが多くて今後が楽しみ。で、もう一回言うけど三白眼良い。


○吹奏楽○
元吹奏楽部としては吹奏楽部題材とかちょっと楽しみ。相地が何気に強豪校出身だと。楽しみ。
そして楽器はヤマダ先生が実際に購入してデッサンしてるとか。すごい。
あとツイッターやってない私が唯一チェックしてるのがヤマダ先生のツイッターなんだが、ちょうどこの漫画始まる前くらいに長崎に現地取材に来てるみたいなツイートがあって興奮した気がする。シュールで適当な小ネタが面白い作品が、全然適当じゃなく作られてるっていいよね、好き。

********
306
そういや別の漫画買ったときにニコニコカドカワ祭りのザクザクカード、ヤマダ先生の当たったわ。なんか本屋の店員さんがランダムに選ぶって聞いてたからゲットするの完全に諦めてたのに。すごい嬉しい。
あ、「ぜんぶ女子校のせいだ!」もおすすめです。5√8!が涙目で攻められまくってる話が、いやなんでもない。



スポンサーサイト
モーニング | 【2014-10-29(Wed) 20:22:34】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*