「大正浪漫 鬼さんやめてぇ!!」全2巻


ジャンプSQ掲載、日丸屋秀和先生の「大正浪漫 鬼さんやめてぇ!!」。


本屋で見かけたので読んでみた。この先生の絵大好き。目がうるうるなところとか口の大きさとか、ツボすぎてうはーってなる。
ということで、以下簡単なあらすじと私的おすすめポイント。ネタバレは最小限に抑えるけど一応注意。



〇簡単なあらすじ○
“港町るく”は、自分のことを平凡で性格地味な女子高生だと思っていたが、ある日突然自分が高性能時空探査アンドロイドであることを知らされる。
るくや、るくを作った天才博士のおじいちゃんは何やら刺客に襲われるとのこと・・・よく分からないままとりあえずるくは大正時代にタイムスリップし、その時代でおじいちゃんと会うことに。

大正時代についたるくは、花楽里食堂というお店でおじいちゃんを待つことになる。


〇展開を吹き飛ばするくの可愛さ〇
いきなりアンドロイドで、いきなりタイムスリップ。いきなり突きつけられた設定に、よく分からないまま応えるヒロイン、嫌いじゃない。
ドタバタ始まったと思えば、肝心のおじいちゃんには会えず、何やら料理屋での暮らしがスタートする。

料理屋の店主兄弟は体の一部が鎧になる奇病にかかってしまっていて、お店にお客さんがあまり寄り付かない。るくはそんなお店を盛り上げようと頑張ったり、料理対決に応じたり・・・あれ?なんの話だっけ?なんで大正時代に来たんだっけ?てなるのだが、そんなのどうでもいいくらいにるくが可愛い。

322ばかって言われたい。
・・・じゃなかった、可愛い。明るくてポワンポワンでアホで、でも頑張るるく可愛い。


最後までドタバタコメディな感じだったけど、このるくの可愛さと、るくに惹かれていく腕が鎧のかるた君にキュンキュンな漫画だったわ。
*******


スポンサーサイト
ジャンプ | 【2015-01-09(Fri) 12:57:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*