「きのう何食べた?」既刊9巻


モーニング掲載、よしながふみ先生の「きのう何食べた?」。


ずっと読みたい読みたいと思ってたんだけどやっと読めた―!ほとんどレシピみたいな漫画なんだけど飽きずにぶっ通しで読めたよ。そしてお腹すいた。
ということで、以下簡単なあらすじと私的おすすめポイント。



〇簡単なあらすじ○
43歳弁護士の筧史朗は、恋人である美容師の矢吹賢二と同棲中。年齢の割に若くてイケメンな史朗は、職場の女性から“あの若さと美貌ははっきり言って気持ちが悪い”と言われたり“こじゃれたコンクリ打ちっぱなしのマンション”に住んでると思われたり。しかし実際は、家計をやりくりして、安くバランスのいい食事を作ることを楽しみに生きていた。
そんな史朗と恋人賢二を中心とした日常と、日々の料理を描いたお話。


〇細かいのかなんなのか分からない男〇
倹約家でいかにも細かそうな男・史朗。いや、細かい。料理の仕方からしてなんか細かい!でも細かいんだけど不思議と圧迫感を感じないいい男。

323
職場にゲイをカミングアウトしてないということもあり、自分の言動がゲイっぽくないか気にしたり。自意識過剰かなとビクビクしながらも女の子にうっかり好かれないように先回りしたり。
そんな可愛さもある。

細かいけどそんなに頑固じゃないし素直なんだよな。一緒に暮らしてる朗らかな賢二の影響なのかな。
周りにゲイだと気付かれたくないのに、だんだんとそんなの気にならなくなっていく様子も良い。一番大事なものは何か分かってる感じキュンとくる。



〇おいしそう〇
この漫画は1話の半分くらいが詳しい料理シーン。賢二と喧嘩したり、仕事でうまくいかなかったり、実家の親とうまくいかなかったり、もちろんなんでもない普通の楽しい日にも、いつもと同じように料理する。
324
なんだろう。どんな一日でも、料理をして心を落ち着けたり、気持ちをリセットさせたりする様子がすごくほんわかする。そして史朗のご飯をおいしそうに食べる賢二を見て幸せ。


そして実際自分でも作れそうなところが良い。
正直料理漫画って、そんなん真似できない毎日こんなん作れないとか思うんだけど、あくまでも“男2人で食費月2万5千円”という範囲内でやりくりしているレシピだと思うとやる気がでる。特別な食材を使わず、限られた時間で作る美味しいご飯。参考にしたくなるぜい。ちなみに一番やってみたいのは厚揚げの中にネギ味噌だか肉味噌だかをいれてトースターd焼くやつ。おいしそう。


******
いや、でもさ、やっぱ毎日あんなん作れんわ

スポンサーサイト
モーニング | 【2014-12-17(Wed) 11:37:53】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*