「ONE PIECE」既刊73巻



週刊少年ジャンプ掲載、尾田栄一郎先生の「ONE PIECE」。


まじで私めが改めておすすめするまでもない漫画なので、新刊73巻の感想やらONE PIECEに対する感想をひとりごと。若干ネタバレありかも注意。



まずはローがかっこいい。ドフラミンゴに押されまくっていたがかっこいい。でも帽子が脱げちゃってるので残念。帽子かぶっているほうがかっこいい。しかしローの本当の目的はなんなんだろう。私の読解力がなさすぎなのかな、まだよく分からない。楽しみ。


そして73巻ではドフラミンゴがドレスローザに何しでかしたかとかどんな能力を持っているかが分かる。ふーん、そうだったのか。ドフラミンゴが最初に登場した時はまさかこんな大物(?)だったとは考えなかったよ。こいつ強いのかな?強いんだと思うけど頭がよさそう(という、頭が悪そうな私の感想)。
あとベラミーもまさかこんな巻まで登場するとは。ジャヤのときはただのチンピラだと思っていたのに。いや、チンピラ感はぬけないけど、立派な脇役だよ。


そしてそして最後。なんと死んだと思っていたあの人がルフィの前に現れる。え?あの人だと思っていいんだよね?まだ漫画で確定していないがみんなの期待しているあの人でいいんだよね?楽しみすぎる。
コアラも再登場。この子見たことあるけどいったいどこでだったっけ・・・と数日考えてしまった。フィッシャータイガーに助けられた奴隷の女の子か!相変わらず笑顔だけど、やはり奴隷から解放された直後の張り付いた笑顔とは違うね。なんか嬉しい。

しかし面白くなりすぎて困った!今までジャンプ買ってもかたくなにONE PIECEは読まずに来たが、今度からは読むことにした笑 3か月後まで待てない。



*******
ちなみに、ごく最近ONE PIECEを全部読み返してみた。きっかけはその前にバクマン。を読み返したことなんだけど。やはりONE PIECEは素晴らしい少年漫画だなあということに改めて気づかされた。

正直私の中でエース回がピークで、その後のお話はなんかごちゃごちゃしてきたしよく分からなくなってきたなーって感じだった。読解力がなかったせいだと思うけど。でも最近は、本当の“少年”も一回読んだだけですべて理解できる簡単なお話ではなかったんじゃないかと思う。
70巻も超えたし、とにかく自分が生きているうちにラストが見れるのだろうかと心配になってきたので、早く終わってくれないかなとかも思った、失礼。
でもバクマン。読んで、「あぁ、漫画家さんてこんなに本気で漫画書いてくれているんだなー、読者をアッと言わせたいと思ってくれてるんだなー」と思ったらなんか熱くなってきた笑

ONE PIECEってどうかしたらいやらしいほど伏線回収するし、思わず感動させられたりする。でも尾田先生が本当にONE PIECE描くのが好きでやっているからこそ、いやらしく感じないんだろうな。少年じゃないけど、本当に純粋な少年の気持ちでワクワクしたり驚かされたりするんだろうな。
自分が生きているうちにリアルタイムでこういう漫画を読めたことが嬉しい。
あまりにも人気になりすぎて、いつのまにかとりたてて「好きな漫画はONE PIECE」と言わなくなっていたが、結局面白いもんは面白いですね。反抗期()は卒業して素直になるわ。



なんか恥ずかしいことをごちゃごちゃ書いてしまった。それだけ!
スポンサーサイト
ジャンプ | 【2014-03-08(Sat) 08:57:25】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*