「野村24時」既刊2巻


まんがライフオリジナル掲載、板倉梓先生の「野村24時」。
○簡単なあらすじ○
父親の作った借金を抱えて冴えない人生を送っていた35歳独身の野村中也は、ある日同僚の田中雪に誘われて田中家に(番犬として)居候することになった。田中家は、雪・月・花の三姉妹だけで暮らしており、野村の(パッと見)ハーレム状態の生活が始まる。そんなギャグ4コマ。


なんかアットホームコメディ的なものが読みたくて探した漫画。とてもいい!なんかほのぼのしているのにちょっとだけキュンとするような萌えるような・・・そんな感覚になる漫画。
ということで、以下、私的おすすめポイント。



○野村が小汚いおっさんなのに紳士○
表紙を見て分かるように、野村は無精ひげで幸薄そうな35歳おっさん。いきなりきゃわいい3姉妹の家に居候することになったが、この野村が意外に紳士。

自分の発言がセクハラになっていないかびくびくしたり、うっかり干してある下着を見てしまって罪悪感感じてしまったり、無防備な3姉妹をハラハラしながら心配したり。3姉妹が萌え系な分、野村が紳士であろうとする姿がいい。ハーレム状態にウハウハしていないところがいい。


○3姉妹と野村○
95
まず3女・花(一番右)と野村。
花は小学6年生でコスプレ好きの少女。おっさん好きみたいで萌えの塊のような少女。
野村は「花ちゃん」と呼び、花と家庭教師をする。
天真爛漫の花かわいい。野村がロリ好きじゃなくてよかった。ある意味父子のようなそうじゃないような不思議な関係。


次に次女・月(右から2番目)と野村。
月は高校一年生。コンビニでバイトしており、そのコンビニで野村もバイトすることになる。
野村は月のバイトの後輩になってしまったので、「月さん」と敬語で話しかける。萌え。
ちょいクーデレ気味の月は「野村」と呼び捨てでタメ口で話す。萌え。
こんな二人だけど、月と野村の方が、花と野村より父子(兄子?)っぽい。月が思春期だからかな。


最後に長女・雪(野村隣)と野村。
雪は野村の会社の同僚。でも年いくつなんだろう、分からないけど20代前半~中盤と思う。巨乳。
野村は雪のことは「田中さん」と呼ぶ。野村の方が上司(?)だから野村はタメ口、雪は敬語。でも力関係は完全に雪が上だな、いい。
ほんわかボーっとしているけど、3姉妹の中で一番笑顔でかわいく毒を吐く。かわいい。天然のSだ。
野村と一番年が近いが、完全に野村をただの同僚扱い。しかしたまーに、たまーにラブコメ要素がはいるので、すごいドキドキする。もしかしたらいつか雪と野村はくっつくのかもしれないけど、しばらくはこのなんとも言えない関係のままいてほしい。


○家族なの?家族じゃないの?○
もともと雪に“3姉妹だけで住む田中家の番犬”として同居に誘われた野村。ことあるごとに番犬扱いなのだが、口で番犬と言っているだけですごいあったかい。家族じゃないけど家族。そういうの好き。3姉妹がすっごいあったかいツンデレみたいなもので、見ていてほんわかする。
野村も野村で、“あれ?家族がいるっていいな・・・・いや、自分は番犬なんだ!”と自分を律する姿可愛い。今までが不幸でさえなかった分、いきなり幸せ状態で混乱している。かわいい。

******
そんなほんわかしたり萌えたりキュンとしたりする4コマ。
ちなみに表紙裏では3姉妹の性転換バージョンのおまけ漫画がついている。
96
なにこれマジで読みたい。これはこれで面白そう。こういう3兄弟とおっさんのアットホームコメディがあればぜひ読みたいし毎巻表紙裏でこれやってほしい。



スポンサーサイト
まんが○○○ | 【2014-03-11(Tue) 10:15:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*