「荒川アンダーザブリッジ」新刊15巻


「荒川アンダーザブリッジ 既刊14巻」過去記事はこちら


ついに最終巻だー。リクが表紙キメれてよかったね、いつになくかっこいいよ。最終巻だからかちょっと分厚いから読む前から嬉しくなったよ。
ということで、以下新刊感想ひとりごと。ネタバレは最小限に抑えるけど一応注意。



○甘・・・食・・・?からの「ホッ」○
前の巻を見返さずに最終巻を読み始めたせいか、最初「甘食」なる男が一体誰だったか思い出せずに悶々としたわ。てか最近ただのコメディじゃなくてちょっと切なげな展開になってたし、なんか頭がついていかなかった。

でも途中からちゃんとお馴染みの橋の下の住人達がわらわらでてきてホッとした。これこれ。やっぱ奴らだよ。荒川アンダーザブリッジといえば。
本当は最終巻なのでもっともっと奴らとリクの絡みが見たかったのだが、それは今までの巻を見返すことにしよう。とにかく、なんか不思議な生き物たちが、不思議に絡み合って、なんか恋したりなんだりする不思議なお話だったな。

***********

スポンサーサイト
ガンガン | 【2015-11-25(Wed) 22:17:07】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*