「青空エール」新刊19巻


「青空エール 既刊15巻」過去記事はこちら
「青空エール 新刊16巻」過去記事はこちら
「青空エール 新刊17巻」過去記事はこちら
「青空エール 新刊18巻」過去記事はこちら

なんか勝手にキリよく20巻が最終巻かなーと思ってたら19巻が最終巻だった。そうだよね、めっちゃ最終巻っぽい表紙だもんね。
ということで、以下新刊感想ひとりごと。ネタバレは最小限に抑えるけど一応注意。



○クサすぎるけどこういうの必要○
青空エールといえば、真っ直ぐな青春すぎて直視しづらいとか今までも思ってたけど、さすが最終巻。今まで以上に青春だったわ。

普門館での金賞を目指して、心を一つにしようと頑張るつばさ達。普段はなかなか言えないような、お互いのいい所を面と向かって言い合う会を開いたりなんだり。・・・本当、穢れなさすぎて「うはあああああああ」ってなったよ。

クサすぎるし、読んでて恥ずかしくなるし、あまりの綺麗さに心がえぐられそうになるんだけど、やっぱりこういうのも必要だなあと思うんだよな。多分私も部活に一生懸命だった頃は“仲間”だったり“一音入魂”だったり、そういうの大切にしてたわ。今だったら「恥ずかしい」とか口では茶化してしまいそうだけど、でもそういう時期があって良かったなと思うわ。そういうの思い出させてくれた漫画だったな。

********
いい意味でイマドキ感がない漫画だったような気がする。

スポンサーサイト
マーガレット | 【2016-02-04(Thu) 18:22:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*