「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」既刊 6巻


ガンガンONLINE掲載、谷川ニコ先生の「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」。

新刊でたー。6巻も相変わらず面白かった。正直最初タイトルみたときは「またヲタに媚びるふりしてバカにする漫画がでよった」とものすごい失礼なことを思ってしまったのだが、すみませんでした面白かったですすみません。
ということで、以下、簡単なあらすじと私的おすすめポイントと新刊感想。ギャグなのでバレるネタはなし。

○簡単なあらすじ○
喪女(男性と交際経験が皆無・告白されたことがない・純潔)である・・・どころかクラスでは女子の友達もいないスーパーぼっちのJK黒木智子(もこっち)が、リア充・ビ○チ共をバカにしながらも、どうにかしてリアルを充実させることができないかと奮闘して打ち砕かれていく漫画。

勘違いで妄想ばかりで痛いんだが、もこっちが全力でアホなのが面白い。


○もこっちの特徴○
1、自分をブスとは認識しない。
曰く「私程度がブス名乗ったら本物のブスに失礼」。目元を隠すと美少女(自称)
脳内では“ふとした瞬間に男にモテる”妄想が繰り広げられている。が、そんな妄想はリアルにならない。

2、脳内ではしょうもない下ネタ
136
本当にしょうもない。でも嫌いじゃない。

3、唯一の女友達ゆうちゃん
ともに中学時代に地味友達だったゆうちゃん。他校の高校に入学し、デビューを果たす。もこっちはゆうちゃんが大好きだが、いきなり可愛くなったゆうちゃんにゲスなことしか考えない。男子高校生のようである。
137
てかもこっちのこの死んだような目。たまらない。いや、さすがにこれは可愛いとは思わないが、シュールさが増していい。面白いという意味でたまらない。そしてあわよくばゆうちゃんに触りたい気持ち、よくわかる。ゆうちゃんかわいい。

4、弟に憐れまれている
学校では地味でぼっちのもこっちも、家では強気である。外で喋らない分、弟に喋る。弟の都合も考えず、くだらないことを喋る。弟は怒りを通り越して憐れみの感情。
138
なんだろう、すごいデジャブ。私も弟に「何お前きもい(´・ω・`)」と憐れまれたことがある。もこっちの弟のように冷たくはないけど。しょうもない姉がいると、弟は「かわいそう、あまり関わらないようにしよう」と思うのだろうか。いや、でもこんな姉がいるおかけでいろいろ鍛えられると考えると感謝されてもいいかもしれん。うそ、ごめん。
このブログでは兄弟仲いい萌えについていろいろ想いを綴ってきたが、実はこれこそ本当の姉弟愛である。現実見るよ。


○6巻○
6巻で一番注目したいのは、“佐○河内”ワードがでてきたこと。あれ?これ掲載されたときは確か例の件は明るみに出てなかったはず。本当、もこっちやってくれたぜ。
あと、6巻までくるともこっちの目がさらに死んだようになっていていい。怖い。いい。

*******
アンソロジーも面白いのだが、ほら、他の先生もこっちを可愛く書いちゃうからな。やっぱり本家がいい。あの媚びない絵がなんとも言えない、いい意味で。



私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! コミック 1-6巻セット (ガンガンコミックスONLINE)






スポンサーサイト
ガンガン | 【2014-03-30(Sun) 17:14:20】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*