「14歳の恋」新刊7巻


「14歳の恋 既刊4巻」過去記事はこちら
「14歳の恋 新刊5巻」過去記事はこちら
「14歳の恋 新刊6巻」過去記事はこちら

表紙の二人、かわいい。相変わらず二人でいる時はちゃんと14歳らしい・・・むしろ二人でいる時はもっと幼く感じるかな。そういう、二人だけの空気感、良い。
ということで、以下新刊感想ひとりごと。ネタバレ少しあり注意。



○進路で迷う二人○
偏差値が高い進学校を先生に勧められる彼方。そんな彼方の進学志望先を知るも、自分には行けそうにないと違う学校を志望する和樹。

当然自分と同じ学校を目指してくれると思ってた彼方はショックを受ける。しかも先生に勧められるままに選んでしまったがため、自分が全然将来のことを考えたりしてなかったことに気づかされる。みんなには「自分が本当に行きたい高校やコースをちゃんと考えて選ぶべきだと思うよ」と言ったものの、自分は全然考えられてなかったと分かってダブルショック。


結局彼方は和樹と一緒の高校に行きたい決断。将来の夢とかそういうことよりも、和樹と一緒にいたいというのが彼方の本当の思い。


うん、私は彼方の素直な気持好きだな。

大体高校受験てそんな将来の夢に直結するものなのかしら。中高一貫だったり、学校が選びたい放題の土地だったらそうなのかな。全然何も考えずに選んだなあ。もはや大学だって将来のことほとんど考えてなかったかもしれん。でも直観で行きたいとこを選んできて、後悔したことはないかなあ。こんな適当なのに育ててくれた親に感謝だな。

どっちにしろ、彼方もしたいようにしたらいいと思う。将来の夢なんてそんなにすぐに思いつかないよ。それよりも和樹と一緒に高校生活送って毎日笑って楽しくすごしてたら、自然といろんな楽しいことに触れて興味がでてくるだろうね。

そして高校では変に大人ぶったりしなくていい、素の彼方で友達がいっぱいできたらいいなーとおばちゃんは思うのであった。


*********
スポンサーサイト
楽園 | 【2017-04-06(Thu) 21:40:38】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*