「のんのんびより」既刊6巻


月刊コミックアライブ掲載、あっと先生の「のんのんびより」。
○簡単なあらすじ○
小学5年生の一条蛍は、東京からある田舎に引っ越してきた。そこでは同じクラスに、小学1年生の宮内れんげ・中学1年生の越谷夏海・中学2年生の越谷小鞠・中学3年生の越谷卓が一緒に勉強していた。学年バラバラだけどみんなで仲良くゆるーく過ごす田舎の日常コメディ。


アニメ見たかったんだけど、当初は映らなくて断念。そしたらこのまえAT-Xでやってたのでやほーい!すごいほのぼのアニメだったんだけどなんか気に入ったので漫画買ってみた。
ということで、以下、私的おすすめポイント。コメディなので特にネタバレはない。

○女の子がきゃっきゃしてるだけ○
基本的には、蛍・れんげ・夏美・小鞠がゆるくほのぼの田舎ライフを満喫しているだけの漫画である。“もしかして……うち、田舎にすんでるのん?”と思ってみたり、都会とかおしゃれとかに興味をしめしてみたりするが、そんなに都会を知らないため、田舎で何不自由なくのんびり遊んでいる。可愛い。ただ遊んでるだけなんだけど可愛い。和む。和むんだ。そしてたまにシュールで笑える漫画。


○にゃんぱすー○
213
最年少れんげの挨拶にゃんぱすー。か、かわいい。
れんげ、まじで可愛い。ジト目無表情可愛い。優秀だけどちょい電波で可愛い。とにかくれんげ可愛い。


○見た目は大人、頭脳は子供○
大都会東京から引っ越してきたほたるん。まじでいい女である。
発育がよく、どっからどう見ても女子高生のようにしか見えない。見た目があか抜けているのだが、都会っ子ぶることなく、田舎を愛する女の子。まじでいい女である。

性格もちょっと大人びているのだが、ところどころで見せる小学5年生らしさがたまらない。
214
うはーかわいい。普段が大人っぽいから全力で笑顔されると破壊力半端ない。まじでいい女である。


○唯一の男子○
学校内で唯一の男子である越谷卓、中学3年生。しかしハーレムっぽい話は皆無である。
そもそも校内5人のうち3人が兄妹。卓は小鞠・夏海の兄であり、残りは小学生。フラグなんて立ちようがない。
加えて兄ちゃん(卓)はものすごい影が薄い。一言も言葉を発さない。女の子にいじられもしない。

しかし影が薄いんだけどことごとくオチに使われているのである意味存在感はある。たまに出てくる兄ちゃんを見るのが面白い。
215
でもギターひけたり料理できたり、無駄に特技が多いのが萌える。夏海と仲良しなのも萌える。



********
7巻はやくでないかなー。みんなで沖縄旅行回楽しみだなー。






スポンサーサイト
アライブ | 【2014-05-06(Tue) 10:00:00】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*