「湯神くんには友達がいない」既刊3巻


週刊少年サンデー記載、佐倉準先生の「湯神くんには友達がいない」。
○簡単なあらすじ○
転校生・綿貫ちひろは、転校初日に駐輪場で湯神くんに助けられる。実は同じクラスの男の子で、隣の席に座ることになったのだが、あまりにも“我が道を行く”湯神くんには友達がいなかった。というより、湯神くんは友達を必要としない人だった。そんな湯神くんと違って友達がほしいちひろだが、なかなかうまくいかない。
自己中心的な湯神くんと、振り回されるちひろの物語。


いつものように本屋をうろうろしていたら、“全国書店員が選んだおすすめコミック2014”というコーナー発見。「えー、これそんなに面白かったかなあ」と思うのもあったのであまり期待をしてなかったのだが、なんか気になったのがコレ。3巻まとめてお買い上げー。さっそく読んでみたが、いろいろいい意味で裏切ってくれて面白かった!
ということで、以下、私的おすすめポイント。

○邪道な主人公がかわいく思えてくる○
全く予備知識なく買ってしまったこの漫画。裏拍子に “新感覚お一人様コメディー”と書いてあったし、絵もほんわかしていたので、「あー、『となりの関くん』みたいなゆるーいギャグ漫画かな」と思っていた。「となりの関くん」は好きだし面白かったけど、全く同じ雰囲気だとハズレだなーとかも考えたのだが、うん、まったく関くんではなかった。

こんな主人公ありなの?想像以上に変人だったわ。
人にどう思われようが何言われようが関係なし。上級生でもお構いなしに自分の主張をする。
クラスメイトからも部活のみんなからもひかれるような男の子。
唯一少年漫画っぽい特徴は“野球部のエースでめっちゃ強いピッチャー”というところだが、性格があれなのでヒーローにはなれない。さわやかさゼロ。

でもなんか嫌いになれないんだよなー。
湯神くんには他人を陥れたり傷つけようという思いは全くない。結果的に傷つけたとしても笑

常に自分の決めたスケジュールと自分ルールを守るために一生懸命。
自分の好きなことや興味を持ったことにも一生懸命。
あまりにもゴーイングマイウェイすぎて逆にかわいいのではと思えてくる。
21ほらなんかかわいくなってきた笑 ある意味信念があって熱い男じゃないか。世の少年漫画のさわやかなヒーローから明るさと社交性と協調性を取ったら、案外こうなるんじゃないかな、いや、ならないか。

多分「黒子のバスケ」の緑間くんとか同じタイプだ。自分ルールで生きている男だ。絶対そうだわ。


○幼馴染の男の友情がいい○
22湯神くんのバッテリーである門田くん。
最初は湯神くんにパシられてるし、気を使ってるし、←こんな顔してるし、ヨワヨワなおぼっちゃんかと思った。
きっとこの子も湯神くんに振り回されまくってるけど先輩だから言い返せなくて困っているんだなーと。かわいそうだなと。

23と、思ったら違ったー笑
湯神くんとは小学生のころから同じ野球チームらしい。
湯神くんのしょうがない性格を理解し、たまには湯神くんを助け、たまには先輩として尊敬し、たまにはあきらめ、たまには怒る笑

あー、幼馴染の男の友情萌え。門田くんが年下のところがまたいい。


*******
というしょうがない人が主人公の漫画。我が道をいく湯神くんも、友達を作りたいちひろも、先輩に振り回される門田くんも、湯神に恋する藤沢さんも、湯神に関わりたくない野球部マネの久住さんも、「あー、こんな人いるいる」ってなる。妙にリアルでシュールで笑える。ここ最近で一番笑った漫画かも。





スポンサーサイト
サンデー | 【2014-02-16(Sun) 13:23:19】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*