「ディアティア」既刊2巻


楽園掲載、かずまこを先生の「ディアティア」。
○簡単なあらすじ○
高校一年生の桐ケ谷睦子(ちかこ)は、部活の先輩が2年の成田秋人に振られたのが納得いかずに、理由を聞きに行く。成田は優しくてモテる男。ちかこの部活の先輩だけではなく、友達やクラスメイトもみんな振られて泣いてきた。一体どんな男なのか、どこが良いのか確かめたくなったちかこは成田と一緒に下校することになり、だんだんとお互いに意識し合うようになる。


久しぶりに読み返してみた。今はディアティアのその後「ダーリング」が楽園で掲載されているみたいだが、最近楽園読んでないから詳細不明ー。3巻が出たら絶対買おう。うん。
ということで以下、私的おすすめポイント。予想しうる程度のネタバレに抑える。けど一応注意。


○泣き顔○
タイトルが「ディアティア」(Dear tear)っていうくらいだからな。コミックス表紙も涙がポツポツ落ちた感じのデザインになっていて綺麗。

このブログ内でも何回かひとりごとのように書いているが、正直私はヒロインが泣く系の漫画はそんなに好きではない。暗い話より明るい話が好きだし、うじうじした話とかドラマティックな感じとか少し苦手である。
でもなんだろう、ディアティアはなんか違う感じがした。

この漫画は、成田の「女の子の涙が苦手だ」という言葉で始まる。すごいモテるのに誰とも付き合う気のない成田。告白されては振り、泣かれ、ますます苦手になる女の子。そうだよね、泣かれると面倒くさいよね、とも思うが、成田は優しくていい男なので面倒くさいとは思わない。多分自分でどうすることもできないから泣かれたくないのだと思う。

最初は“先輩や友達を泣かせて・・・”と成田に敵意をもっていた睦子だが、そんな成田の優しい部分に触れて、自分は泣かないと成田に宣言。優しくて強い睦子、激萌え。可愛い。


それでも結局睦子も泣いてしまうんだけど。本当に本当に泣き顔が良い。我慢してこらえたけどこらえきれなかった泣き顔良い。たまらない。そりゃこんな泣き顔なら受け入れたくなるわ。


○初々しさと積極性○
ツインテ・ロリでおそらく初恋の睦子と、散々モテたのに他の子を振り続けてきた成田。この二人の恋が本当に初々しすぎる。
特に睦子。“チューとかしませんし!”とか“デートじゃない”とかいちいち照れてプンスカするのが可愛すぎる。周りを気にしたりするのに、まあ結局はたからみればただイチャついてるようにしか見えない感じが中高生っぽくてたまらないよ。


そう、それでこの二人初々しいんだけど、成田が結構積極的なところがまた良い。
基本的に男くさくなく、温厚で、どうかしたら女々しいのではないかくらいの柔和な男なのだが、睦子に対してはたまに男らしさを見せる。そういうの反則です。でもありがとう。
219
全く・・・良い。優しくて適度に甘え上手で、年下の睦子が思わず守ってあげたくなるような男・成田。でもちゃっかりキスは男らしく奪っていく男・成田。これは道をあやまるとヒモになりかねない素質をもった男・成田。たまらないですね(^ω^)

********
3巻でるんだろうか・・・でるよね?出てほしい。イチャこらしてる二人見たい。


スポンサーサイト
楽園 | 【2014-05-10(Sat) 15:23:48】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*