「放浪息子」全15巻


月刊コミックビーム掲載、志村貴子先生の「放浪息子」。
○簡単なあらすじ○
大人しい性格の小学5年生・二鳥修一は、転校先でボーイッシュな女の子・高槻よしのと出会う。二人が仲良くなるにつれ、高槻さんは“男の子の恰好をしたい、男の子になりたい”という気持ちを二鳥くんに打ち明けた。二鳥くんもまた、“女の子の恰好をしたい、女の子になりたい”という願望を心に秘めていたのだが、同じ悩みをもつ高槻さんや、二鳥くんに女装を勧めるクラスメイトの千葉さんたちに出会い、その思いを強くしていく。



久しぶりに読み返した。やっぱりこの漫画好きだなー。登場人物が愛しすぎる。
ということで、以下、私的おすすめポイント。あんまり差支えない程度のネタバレに抑えるけど一応注意。


○ドラマティックじゃない○
・・・というと失礼かもしれないが。内容は十分ドラマティックである。

思春期まっただなかの主人公たちの“かわいい/かっこいい恰好したいな”とか“周りの人に変だと思われちゃうかな”とか“男になりたいのに生理がくるの嫌だな”とか“女になりたいのに声変わりするの嫌だな”といった悩みが常に渦巻いている。

でも全然重くも暗くもない。志村先生の漫画って、読者に無理に感動を誘うような描きかたをしないで、あっさり淡々としているところがすごい好きだなー。悩める少年少女の辛さより強さを感じる。暑苦しい強さじゃなくて芯の強さというかなんというか。「空気感が好き」とか言ったら恥ずかしいけど言おう、この空気感が好き。


○可愛くて萌え死ぬ○
みんな可愛いんだけど、やはり二鳥くんは格別である。
222
二鳥くんは本当に可愛くて、女の子の服を着ようが着まいが可愛い。で、着たくてもやもやしている二鳥くんがまた可愛い。可愛いものが大好きで、女の子の友達のほうがはるかに多くて、おっとりしていて、性格もほぼ女の子のような感じなんだけど、どこか思い切りがよくて芯が強い感じが愛しくてしょうがない。この漫画を読んでると二鳥くんに常に萌えっぱなしである。

こんな可愛い二鳥くんは、成長しても可愛い。そう、この漫画、小学5年生から高校卒業まで成長する。成長大好き人間なのでありがたすぎる。
223
←高校生の二鳥くん。相変わらず激かわなのだが、どこか男子高校生ぽさもある。可愛い。性格も少しだけ男子高校生ぽさがプラスされていく。男子高校生ぽさというより大人っぽさと言ったほうが正しいかもしれないけど。ちなみに二鳥くんの恋のお相手は女の子。男の子として好きなのか、女の子として好きなのか、そんなことはどうでもよくて、よくわからないけど好きなのが恋っぽいのだ。


あとニ鳥くんも激かわだが、女友達の千葉さんも死ぬほど可愛い。まず容姿が死ぬほど可愛いのだが、友達付き合いが下手くそでまた可愛い。でもだんだん大人になるにつれ優しくなっていく千葉さんがまた死ぬほど可愛い。結果、可愛い。


○姉弟愛とか○
二鳥くんには一つ年上のお姉ちゃんがいる。まあ、姉とはやっかいなもので、二鳥くんもお姉ちゃんにいじられまくりなのだが、なんだかんだいって仲良しで可愛い。意地悪ばかり言うお姉ちゃんは、それでも弟のことが大好きなんです。可愛い。
姉弟に限らず、なんかすべての人間関係にきゅんとくる漫画。


*******
この漫画ではそんなに強く感じないけど、性別というのはやっぱり差別につながってしまうのだろうか。ジェンダー論とやらを学んでこなかったので学術的なことはさっぱりなのだが。個人的には“男らしさ”とか”女らしさ”という言葉があっても嫌じゃないなと思う。文化の中で生まれてきたイメージにすぎないし、誰でも持ち合わせていると思うし、イメージと違えばそこが面白くて興味湧く。結局私は性別のことで嫌な思いをしたことないからかもだな。性別って社会的にも影響力あるし。

ただ二鳥くんも、高槻さんも、性別で悩む他の友達も、“絶対女の子/男の子になってやるんだ!”というのはない。友達のことで悩んだり、恋愛のことで悩んだりするように、“自分はどうしたいのかな”って悩む。テーマは性別かもしれないけど、思春期の悩める少年少女の一悩みとして取り上げられているのがいいなーと思う。


スポンサーサイト
コミックビーム | 【2014-05-12(Mon) 19:37:50】 | Trackback:(0) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Copyright © すーぱーそふぁーたいむ All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*